エゾバフンウニ

エゾバフンウニ

“うに”は昆布を食べて育ちます。北海道の海で育った良質な昆布は料亭など、数多くの場所で使われております。その美味しい昆布を食べて育った北海道の“うに”は、当然ながら美味しいのです。

エゾバフンウニ
エゾバフンウニ

うに漁は資源保護のため、産地ごとに漁をする時期を決めています。環境を守るため、海に潜って"うに"を獲ることはしません。
1人乗りの小さな磯舟に乗り、足で櫂を操り箱メガネで海底を覗きながら、網でひとつずつ"うに"をすくい上げる方法が一般的です。小さな磯舟で漁をするため、波が高いと漁が出来ないことが多いのです。

うに漁
うにの種類

北海道の有名な"うに"の産地は、利尻・礼文島、積丹半島、小樽、日高、浜中、網走などです。また、かつての日本の領土・北方四島も良質な"うに"が獲れる産地です。
北海道のおもな"うに"の種類はエゾバフンウニとキタムラサキウニですが、当店は濃厚な味わいのエゾバフンウニにこだわっております。エゾバフンウニの獲れない時期(約1ヶ月くらい)を除いて、通年エゾバフンウニを取り扱い、当店で販売させていただく"うに"は、北海道産・北方四島産の中でも極上品のみを取り扱っております。

エゾバフンウニ、ムラサキウニ

昔から"うに"と言えば、板の上にのっているかたちの"板うに"(生うに)が一般的ですが、"うに"を殻から取り出した味わいを再現するために塩水に漬けた"塩水うに(えんすいうに)"がおすすめです。"塩水うにをご存じない方は、是非一度ご賞味ください。
また、寿司など、うろこのような見た目にこだわる場合は、"板うに"がおすすめです。"塩水うに"よりもねっとりとした味わいでございます。

板うに、塩水うに
ミョウバン(明礬)とは?
殻から取り出した“うに”をそのままにしておくと形崩れしてしまうので、“板うに(生うに)”を作る過程でミョウバンを使用します。“うに”が苦手という方の多くが、ミョウバンの味に反応していると思われます。
北のグルメが販売する“うに”
北方四島産 エゾバフンウニ(塩水うに)

エゾバフンウニ(塩水うに)北方四島は暖流と寒流が交差することで豊富なプランクトンが発生し、良質な昆布も多い最高の“うに”漁場、海洋資源の宝庫です。
北方四島の中でも根室半島から洋上3.7kmより連なる歯舞諸島と色丹島で獲れる最高品質の“うに”を中心にお届けしております。
うに提携加工場北のグルメの北方四島産“うに”は、日本国内でも屈指の衛生的な提携加工場にて商品化しております。衛生管理基準・HACCPに則った自主管理のもと、安心安全の“うに”でございます。

北方四島産 エゾバフンウニ(無添加うに)

エゾバフンウニ(無添加うに)従来の生うにの食感を限りなく残しつつ、無添加にこだわった逸品です。ミョウバンを使用していないため、かたちがうろこのように整っていませんが、最上級ランクのエゾバフンウニのみを使用しております。 通年販売することが出来ない希少な販売期間限定商品です。

利尻・礼文島産 エゾバフンウニ(塩水うに)

礼文島産 エゾバフンウニ(塩水うに)日本の最北限、利尻・礼文島は、最高級昆布として知られる利尻昆布の産地として有名ですが、日本一の"うに"の産地でもあります。資源保護のため、一年間で夏場しかうに漁をしない、とても希少な"うに"です。
利尻・礼文産の"うに"を取り扱っているお店は少ないのですが、当店は6月上旬から8月下旬くらいまで、利尻・礼文島から直接仕入れた“うに”を、自社工場でオリジナル・パッケージに入れて販売しております。

礼文島
利尻・礼文島産 ムラサキウニ(塩水うに)

礼文島産 ムラサキウニ北海道では奥尻島、積丹、小樽などのムラサキウニの有名産地がありますが、やはり最北限の利尻・礼文産が一番のおすすめ。利尻・礼文島では4月~9月のみ、ムラサキウニの漁が行なわれます。当店では9月のみ、この希少な利尻・礼文産のムラサキウニを販売しております。

※季節や仕入れ状況により、北海道の他の産地のエゾバフンウニを販売する場合もございます。

アクセス

北のグルメの地図 »

北のグルメへのご来店方法 »

無料送迎

札幌市中央区と北区(一部)のホテルや札幌駅北口から当店まで、無料送迎をいたします。
お迎え時間 6:30〜12:30
お見送り時間 8:00〜14:00

ご予約はフリーダイヤルへ!
フリーダイヤル0120-004-070 (6:00〜17:00)
営業時間外の場合は、留守番電話にメッセージを入れてください。

無料送迎の詳細はこちら »

その他のコンテンツ

サービス券はこちら »

ポイント制度について »

いくら正油漬 »

しまほっけ »

毛がに »

時鮭 »

塩紅鮭 »

こだわりの北海道産米 »

札幌観光・イベント情報

札幌観光情報 »

札幌イベント情報 »

Copyright (C) Kitanogurume. All Rights Reserved.