活〆時しらずとろルイベ 北海道知床羅臼より、鮭児にも匹敵する脂のりと旨味!

活〆時しらずとろルイベ

活〆時しらずとろルイベ鮭の中でも脂のりが良いことで知られる時しらず(時鮭)ですが、世界自然遺産 知床の羅臼で獲れる時しらずの中から、重さ4.5kg以上の活〆した鮭のみを使用した、とても稀少な北のグルメの時しらずルイベです。

"活〆時しらずとろルイベ"は、幻の鮭といわれる鮭児ルイベにも匹敵する脂のリ。"とろルイベ"の名前のとおり、口の中でとろける極上の味わいです。
北のグルメがイチオシの"活〆時しらずとろルイベ"を是非ご堪能ください!

ハラス側と背側の2種類の味わい

活〆時しらずとろルイベ ハラス側と背側2種類の部位がございます、どちらも多くのお客様にご満足いただける逸品です。

ハラス側 (写真左)
ハラス側は脂のりが最高の部位です。

背側 (写真右)
年配の方にもおすすめ、若干あっさりした脂のりの背側。


活〆時しらずとろルイベは冷蔵庫で自然解凍し(参考時間:8度で約4〜5時間)、薄く切り身に切って、わさび醤油でお召し上がりください。
ちなみにルイベとは半解凍で食べるお刺身ですので、若干凍っているくらいが食べ頃です。

当店の商品はハラスと背側が一緒に入っていますので、異なる食感を一度に楽しめます。こちらは自然解凍後にすぐにお召し上がることが出来ます。