毛がに かにへのこだわり 茹で加減にも職人の技が活きています

北海道の「かに」といえば、毛がに

北海道の海産物といえば、「かに」を思い浮かべる方が多いと思われます。タラバガニ、毛がに、北海松葉がに(ズワイガニ)、花咲がになど、北海道はいろいろな「かに」がありますが、一年中獲れてチルドで販売出来るのは、毛がにです。
北海道では資源保護のため、産地ごとに毛がに漁の期間を設けておりますので、一年中産地を変えて美味しい「かに」を販売しております。

北のグルメが仕入れる四季折々の毛がに
北海道 毛がにのおもな産地オホーツク海
3月中旬〜6月頃 浜頓別・枝幸・雄武など
流氷にのって多くのプランクトンが発生し、小魚や魚介類が多く集まります。オホーツク海の毛がにはそれらの豊富な小魚や魚介類を食べて育ちます。流氷がある間、漁が出来ないため、毛がには流氷の下ですくすくと育ちます。3月中旬に毛がに漁が解禁になり、寒い冬を乗り越えた力強くフレッシュな毛がにがたくさん獲れます。
小魚や魚介を中心に動物性タンパク質をたっぷり採ることでまるまると太り、蟹の身が甘く。かに味噌は旨味が強くて、まろやかな味わいです。

毛がに太平洋沿岸など
7月〜8月頃  胆振・噴火湾など
9月〜11月頃 釧路・白糠など
12月〜2月頃 広尾・襟裳など
北海道の太平洋側の毛がには、岩盤に生息している美味しい昆布を中心とした海草類や貝類を食べて育ちます。蟹の身の肉質がしっかりしていて、海藻類由来の磯の風味豊かなかに味噌が特徴です。

仕入れへのこだわり

毛がに一般的に各漁場で品質の良い毛がにが一日で獲れる量は、多くはありません。だからこそ、その日仕入れる毛がにの産地をひとつに絞らず複数の産地を選び、その各漁場の一番手の品質の毛がにを厳選して仕入れております。
さらに、仕入れた毛がにを店頭で1尾ずつ計量と選別し、身入りの良い毛がにを店頭に並べております。この選別に漏れた「かに」は、加工品用などに利用しております。

チルドのかにへのこだわり

茹で上げる 毛がに北のグルメはチルドの「かに」にこだわっており、一年中チルドの毛がにを販売しております。こだわりの理由は簡単、『チルドの「かに」が一番美味しいから!!』。もちろん、毛がにのかに味噌もチルドの方が美味しいです。

ご来店されたお客様は試食で味を確認していただき、納得したうえでご購入いただいております。お客様がチルドの毛がにを試食されて「美味しい」という感動のお言葉は嬉しいものです。
みずみずしく旨味が口いっぱいに広がるチルドの毛がに、その美味しさを味わっていただけたら、とても幸いでございます。

活毛がにへのこだわり

高圧スチーム釜で蒸し上げる 極上毛がに当店の水槽には一年中、活毛がにを多数取り揃えております。
活毛がにをその場でボイルして店内の海鮮食堂 北のグルメ亭でお召し上がることも出来ますし、お客様のご希望の日にボイルして航空便でお届けすることもいたしております。

また、高圧特製スチーム釜で蒸し上げた極上毛がには、活がにの味わいをギュっと閉じ込めるので、甘味も旨味も一層凝縮され、一口食べた時のインパクトが違います。香りの余韻が長く、クリーミーに仕上がるかに味噌のコクもお楽しみいただけます。

北海道らしい味わいの毛がに、札幌の海鮮市場 北のグルメにお任せください。

毛蟹のさばき方

ご家庭にあるキッチンバサミだけで、毛がにをさばく方法の動画です。
店頭では毛がにをキッチンバサミだけで切り分けて、お客様に試食していただいております。